会社案内Company

在大阪ネパール名誉総領事館

1. 開館時間 / Office Hour

10:00 ~ 12:00(土日祝は除く)
Monday to Friday 10:00am to 12:00pm.

2. 領事館休館日 / Closing Day

土日祝日(不定期で休館する場合もあり)9月9日
We are closed on Sat., Sun., National holidays and 9th September.

年末年始、夏季休暇など、随時お知らせいたします。

3. 連絡先 / Map & Address

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-9-21 FUSION+ビル8階
Fusion+ Bldg. 8F 6-9-21 Uehonmachi, Tennoji-ku, Osaka 543-0001

(TEL) 06-6776-0120
(FAX) 06-6779-3325

4. 査証業務 / Visa information

在大阪ネパール領事館では、一般旅券(パスポート)をお持ちの日本人、在日外国人の方に、ネパール入国査証の発給業務を行っております。当館で査証申請する場合は、申請用紙をダウンロードしていただき、必要事項を記入の上、旅券(パスポート)と一緒にご持参ください。


*ビザ申請・受領の際の注意事項


  • ビザ申請は必要書類を開館時間内(月〜金、10:00〜12:00)に提出し、翌々開館日に受領となります。
  • 開館時間以外のビザ申請及び受領はできません。必ず開館時間内にお越し下さい。
  • 受領の際、ビザ申請時にお渡しする領収書兼受領書を必ずお持ちください。
  • 一旦受理した書類は返却できません。
  • 一度の申請件数が20件以上の場合、翌々開館日に受領できない場合があります。
  • 申請書記入内容に誤り、不備があった場合、ビザの発給の遅延、拒否が生じることがあります。ビザ申請は、ご出発2週間ほど前から余裕を持って申請されることを推奨いたします。
  • 代理によるビザ申請の場合、予め記入済み(申請人書名欄に本人のサイン済み)申請書をご持参ください。委任状は必要ありません。
  • 外交旅券または公用旅券をお持ちの方は、在日ネパール国大使館(東京)にお問い合わせください。
  • 遠方の方は、郵送でのビザ申請が可能です。詳しくは「郵送での申請・受領方法」のファイルをご覧ください。

We issue Tourist visa to Japanese and Foreigner living in Japan.
To apply for tourist visa at the consulate, please download the application form, fill in the form and bring it with your valid passport. For more details, please see “visa information” file below.


申請料金:

15日・・・3300円
30日・・・5500円
90日・・・13200円

Visa fees :

15days・・・3300yen
30days・・・5500yen
90days・・・13200yen

※PDFファイルを閲覧・印刷するにはAdobe社のAcrobat Reader(無償)が必要となります。 最新版のAdobe Acrobat Readerは、こちらからダウンロードいただけます。

5. 電話受付、対応

主にビザ申請に関する問合わせに答えます

6. 質問・依頼に対する調査

調査が必要な質問・依頼にはFAXで返答します。領事館内の図書で調べたり、大使館へ問合わせたり、インターネットを検索したりします。

7. 中学生などの社会見学のコーディネート、対応

年に3度くらい、依頼を受けて、ネパールについて案内します。


平成7月11月15日、ネパール王国大阪名誉総領事であった今西社長の父、今西会長の死去によって空席であった名誉総領事に今西社長が父子二代の就任を果たした。
名誉総領事としての責務は大きく、その主なものは日本とネパール間の貿易・投資・観光の促進、地区に居住または訪問するネパール人の保護法律または商業に関する援助、そして両国人の良好な関係の促進等である。

ネパール外務大臣より任命状

ネパール外務大臣より任命状

(非公式訳)

ネパール市民の諸事情へ対処し、法律上、商業上の問題において、彼らを援助する目的で、大阪市在住の大阪名誉総領事を任命する必要が考えられるゆえに、 ネパール政府は今西邦夫氏の分別と忠誠を確信し、同氏を大阪在住の領事館区、名誉総領事と指名し、選定・任命すること、また、同氏にこと領事管区とは商取引をする事業家、また同地区に居住、または同地区を訪問するネパール市民をあらゆる法的手段によって支援し、保護する全権を与えることを宣告する。
また、同氏は、4年間の任期で上述の地位を保護し、それに伴うあらゆる権利、特権及び面積を持つことを確認する。
ネパール市民全員が、ネパール政府によること今西氏の任命を確認し、適正なる服従をすることをここに求める。

ビレンドラ・ビール・ピクラム・シャハ・デブ王位26年、2054年
マグ7月10日、1998年1月23人ち、カトマンドゥにて
外務大臣 カマル・タバ

リンク一覧

今西壽雄 オフィシャルサイト

今西壽雄 オフィシャルサイト

110周年記念特集

現場、意気に感ずー想い、伝えたくて。ー

現場、意気に感ずー想い、伝えたくて。ー

「いいね」を築く

「いいね」を築く

在大阪ネパール名誉総領事館